奇跡の一枚大募集 特選の選定  2017.11
○奇跡の一枚特選画像の選考
 応募対象を、「活性汚泥微生物の群生、捕食、分裂などの珍しいまたは美しい写真・映像」としており、奇跡の一枚特選選定の項目として、1,美しさ 2,希少性 3,捕食、分裂、出芽などの挙動、を総合的に勘案していくものとしています。 今回特に貴重な画像として次の2点が選ばれました。

○特選対象
●クマムシの抜け殻と産み落とされた卵  
場所: 鹿島台浄化センター  2015.12
説明:クマムシが脱皮した後の抜け殻に、まるで枝豆のように産み落とされた卵
資料提供:  宮城県下水道公社 大和浄化センター 
●太陽虫(タイヨウチュウ)
場所:ふれあい下水道館内の反応槽(下水中での微生物の増殖槽)    平成15年頃
説明:下水処理をする過程で発生した、原生肉質虫類 40〜50ミクロンの微生物。ウニのように放射状の針(仮足)があり、ほとんど動かない。
資料提供:  小平市ふれあい下水道館(東京都)

○奇跡の一枚大募集 作業部会メンバー:
  山口 敬義(日本下水道協会常務理事)、太田 秀司(下水道管路管理業協会技術顧問), 中山 勲(GKP企画運営委員)、渡部 春樹(21世紀水倶楽部理事)、村上 孝雄(21世紀水倶楽部理事)、亀田 泰武(GKP監事)