増殖分裂など            奇跡の一枚

 クマムシの抜け殻と産み落とされた卵


鹿島台浄化センター
2015.12


クマムシが脱皮した後の抜け殻に、まるで枝豆のように産み落とされた卵


資料提供:
 宮城県下水道公社 大和浄化センター


   特選2017.11
 

  ユウプロテスの分裂

ふれあい下水道館内の反応槽(下水中での微生物の増殖槽)
2003頃


下水処理をする過程で発生した、原生繊毛虫類 100~200ミクロンの微生物の細胞分裂の画像

資料提供
 小平市ふれあい下水道館

   

 ゾウリムシの分裂

 ふれあい下水道館内の反応槽(下水中での微生物の増殖槽)
2003年頃

 原生繊毛虫類150 ~300ミクロンの微生物の細胞分裂の画像

資料提供
  小平市ふれあい下水道館

 クマムシの脱皮と卵 動画3.5MB

 元荒川水循環センター 5系水処理池反応タンク内
2017年12月20日

 クマムシは卵を有している場合、脱皮時に脱皮殻の中に卵を産み落としていきます。
今回は、脱皮した殻内に卵がある状態のクマムシの映像が撮れました。
最後は汚泥フロックを使って見事に脱皮しています。
資料提供
  (公財)埼玉県下水道公社 荒川左岸北部支社 

 クマムシの抜け殻に植え付けられた卵

 古利根川水循環センターの活性汚泥
(越谷市立大袋東小学校エコフェスティバル)
2018年6月23日

 NPO21世紀水倶楽部のイベントに参加して、活性汚泥中の原生動物を見る顕微鏡のセットを手伝っていた時、たまたま覗いた顕微鏡の中に見られた画像である。思わずスマホの接写で顕微鏡の中を撮影した。
資料提供
 渡部 春樹
        原生動物の繁殖例 5例 日本下水道施設業協会HP 活性汚泥動物園